1月 7月
2月 8月
3月 9月
4月 10月
5月 11月
6月 12月







 「キリスト・イエスは、罪人を救うためにこの世に来られた」ということばは、まことであり、そのまま受け入れるに値するものです」(Tテモテ1:15a)  

 新年おめでとうございます。

 イエス・キリストは、罪人を救うために世に来られました。

 「自分のような汚れた者は神に近づくことができない」と思う人を救うために来られたのです。

 キリストを信じてからもそのような思いになる時があります。

 しかし立派になって自分を整えてから神の前に出ようとしていたら、いつまでもこの救いはわかりません。

 調子が悪い時ほど、罪でボロボロだと思う時こそ、こんないい加減な信仰でどうしようもないと思う時こそ、キリストの元に行くなら、「このような自分をも救ってくださるキリスト」だとわかります。

 クリスチャンは、自分の義(正しさ)で立つのではなく、キリストの義で立つものです。

 「キリストが私たちにとっての義と聖めと贖い」となってくださったのです(Tコリント1:30)。

 どのような状態であっても、そのままでキリストの元に行きましょう。キリストが私たちを恵みによって変え続けてくださいます。

 今年のテーマは、「罪人のための救い」です。

 目標は

 @ 罪を認めてキリストを求めよう

 A キリストに罪赦された者として交わろう

 B 罪人を救ってくださるキリストを伝えよう

 です。

  「キリスト・イエスは、罪人を救うためにこの世に来られた」(Tテモテ1:15)ことを、あらゆる時に思い起こしましょう。

ページの先頭に戻る